教育学部

【ADMISSION POLICY】
これからの子どもの成長と発達に高い関心を持ち,教育現場の諸問題に取り組むことのできる情熱を持った教員を目指す人を求めています。

【教育目標】
人間の生涯発達を視野に収め、教育に対する情熱と課題を解決する高い実践力を備え、豊かな人間生活の構築に寄与する教育人の養成を目指します。


21世紀を生きる人間の発達と学習を実践的に支え、人間性と教育文化への洞察力を備えた教育人を養成

 教育学部では、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の教員を養成しています。その淵源は1796年と古く、後に江戸昌平黌の分校となった甲府学問所徽典館にあります。約200年にわたる知の伝統を大切にしながら、現代的ニーズに応え得る実践力と指導力を持つ教員の養成に、教育、人文、社会、科学、芸術、スポーツ等の諸学問を専門とする多彩な教員が、熱い志を持って指導にあたっています。幅広い分野の教員が揃うことで、21世紀を生きる人間の発達を視野に入れた、人間性と教育文化への洞察力を培う教育を実現しています。教員と各学年の学生の比は1対1.3であり、きめ細かな少人数教育を行っていることも大きな魅力です。


学びの特色

01 少人数で行うグループワーク型授業

 少人数グループワーク型基幹授業群によって、教育者に変化・成長していく力、そして教育者として学び続ける力をつけることができます。
 1人の教員が100人以上の学生を対象に行っていた従来型の講義を、専門の垣根を越えた5人以上の教員が共同で担当する少人数グループワーク型授業へ転換し、これを中軸にカリキュラム全体を体系化しました。教育や保育などの様々な現場の参観と考察、小・中学校などの授業の観察と分析、模擬授業の実施と省察、教育に関する今日的な課題の検討などを経験することができます。

02 成長を実感できる教育実習

 取得する教員免許状に対応する校種(幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校)で3年次に教育実習を行います。大半の学生は、本学部に近接している附属学校園で行います。また、自分が所属するコースの卒業要件(必修)である教員免許状以外の教員免許状の取得も可能です。
 さらに、教育実習への「ゆるやかな導入」として、2年次に観察実習を行います。学生は、先輩が教育実習生として授業を行っている様子を観察し、分析することで、翌年に自分が行う教育実習の具体的なイメージをつかみます。

03 子どもと関わる教育ボランティア

 教育ボランティアは、教育者を目指す学生が教育の現場に触れて学びを深めることをねらった活動です。
 活動の内容は、授業中や放課後の学習指導補助や、学校行事・部活動の指導補助、障害のある児童生徒の支援などです。この活動は「社会参加実習」という科目で単位化されており、30時間の参加で1単位となります。毎年、約200人の学生が参加しています。子どもと関わることで、教育者として必要なこと、大切にすべきことに気付くことができます。教育ボランティアは社会貢献であると同時に「自己を発見」する機会にもなっています。

04 手厚い教職支援

 教職支援室の専任教員、学部教員、同窓会が連携し、手厚い個別指導や個別相談、年間50回を超える教員採用試験対策講座などを開講し多彩な教職支援を行っています。教員就職後も見据えた支援により、真の教師力を育むことができます。
 

子どもの発達と教育の道筋を学び、新しい時代の教育文化と学校教育を担い切り拓く

 学校現場で、子どもの教育に携わる教員を養成します。幼小発達教育、障害児教育、言語教育、生活社会教育、科学教育、芸術身体教育の6つのコースから成り、すべてのコースにおいて、卒業に必要な単位(卒業要件)を修得すれば、卒業と同時にコースごとに指定された教員免許状を取得できるようになっています。主として取得する教員免許の教科は、1年次終了までに、学生の希望に基づき各コースで決定します。

 人間の生涯発達・生涯学習の中で学校教育の課題を捉え、教育文化・教科の広がりを見通すことのできる豊かな教養を基盤に、
@子どもの発達と教育の過程を長期スパンで把握するとともに、個々の内面と可能性を深く洞察することができ、
A学校教育の特定の教科、あるいは幼小連携、特別支援、学校運営といった教育の課題に関して、広く考察し、
B教室の内外における実践活動を計画・実行し、その結果を評価・省察して、次の教育活動に活かすことのできる、
実践的指導力の高い教育者の育成を目指します。


学びのPOINT

入学生の興味と関心
◎子どもが好き
◎子どもの教育に携わる教員になりたい
◎豊かな教養と実践的能力を得たい
◎言語や自然科学の楽しさを知りたい

 ↓↓↓

得られる知識・スキル
◎子どもの発達の深い理解
◎教育における得意分野
◎実践的指導力の高い教員
◎幼稚園/小学校/中学校/高等学校/特別支援学校の免許


21世紀におけるこれからの子どもの成長と発達に高い関心を持ち、教育現場の諸問題に取り組もうとする情熱を持った人を求めています。

幼小発達教育コース

■実践的能力を養い、今日的な教育課題に真正面から挑む
 心理学、教育学、そして幼児教育学を同時に学ぶことができるのがこのコースの特徴です。発達・教育についての深い見識や柔軟な考え方を身につけることによって、「小1プロブレム」など、今日的な教育課題に真正面から向き合い、その解決に向けて幅広い視野から挑戦していける実践的能力の育成を目指しています。

●活躍できる分野・進路
幼稚園の教員/小学校の教員/教育・福祉関係の公務員 など


障害児教育コース

■幅広い専門知識と技能を体得し、あらゆる子どもの多様な発達を支援
 障害を有するあらゆる子どもの多様な発達を支援できる教員の育成を目指します。専門科目では、知的障害を中心に、肢体不自由、病弱、視覚障害、聴覚障害、重複障害、その他特別な支援を必要とする子どもとその支援のあり方について、心理学的視点、教育学的視点、生理学的視点から学び、考えていきます。

●活躍できる分野・進路
特別支援学校(学級)の教員/小学校の教員/特別支援教育コーディネーター など


言語教育コース

■思考・表現・コミュニケーションの基盤となる言語を、幅広い視点から探究
 人間の思考・表現・コミュニケーションの基盤である言語の教育を担う人材を育成します。国語教育系では、国語科教育学、日本語学、日本文学、漢文学、書写・書道、日本語教育など、英語教育系では、英語科教育学、英語学、英米文学、英語コミュニケーション、異文化理解など、それぞれ幅広い分野の専門的教育・研究を行います。

●活躍できる分野・進路
小学校の教員/中学校・高等学校の国語・英語の教員/高等学校の芸術科書道の教員 など


生活社会教育コース

■社会科教育系と家政教育系の諸領域を学び、豊かな教養と実践的指導力を養う
 人間生活とその基盤となる人間社会を創造していくための豊かな教養と実践的指導力を持つ教員を育成します。社会科教育系では法律学・経済学・哲学・倫理学・歴史学・地理学および社会科教育学を、家政教育系では、食物学・被服学・住居学・保育学・家庭経営学および家庭科教育学を深く専門的に探求します。

●活躍できる分野・進路
小学校の教員/中学校の社会・家庭の教員/高等学校の地歴・公民・家庭の教員 など


科学教育コース

■理数離れに立ち向かい、自然科学の楽しさを伝える
 自然科学を理解するための総合的視野と、深い専門知識を持った理数系教員の育成を目指します。数学教育系では、数学的見方と考え方を養い、実践力を培います。理科教育系では、実験や演習、野外や臨海等での実習を通して、理科教員に必要な資質と能力を磨きます。技術教育系では、「ものづくり」の技術と精神を学びます。

●活躍できる分野・進路
小学校の教員/中学校・高等学校の数学・理科の教員/中学校の技術の教員 など


芸術身体教育コース

■芸術文化や身体運動を通して、子ども達と歓びを分かち合う
 人間の根源的営みともいえる芸術活動と身体活動を通して、芸術文化や心身の発育・発達に関する内容を専門的かつ実践的に学びます。音楽教育系・美術教育系では「感じる・表現する・創作する喜び」を子どもたちと分かち合い、保健体育系では「からだとこころの健康」を子どもたちとともに育む教員を目指します。

●活躍できる分野・進路
小学校の教員/中学校・高等学校の音楽・美術・保健体育の教員 など