共同獣医学部

■教育理念・目標

国際水準の獣医学教育を体系的に創出・実践するとともに、学際協力により深い知識と高度な技術を備えた専門性の高い獣医師を養成する。
幅広い見識と倫理観を持って人間社会の質的向上に貢献できる能力を培い、問題解決能力と自己資質を向上させる能力を涵養することで、地域に根ざすとともに社会ニーズに対応した、人間地球社会を俯瞰できる人材を輩出する。

■学部概要
幅広く社会へ貢献できるように
2012年度に開設した共同獣医学部は、日本で初めて設置された教育組織であり、獣医師に必要な幅広い教養と多岐に渡る専門的知識を習得するための教育を行っています。また本学部は、研究者に必要な科学的洞察力を有し、社会へ貢献することができる人材の育成を目的としています。
共同獣医学部では、山口大学・鹿児島大学のそれぞれの持ち味を活かし、各大学が得意とする分野の獣医学教育を、両大学の学生に教授します。
大学間ネットワークによるリアルタイム双方向性遠隔授業に加えて、特色ある対面式実習を行うことより、両大学の学生に対して同じ専門教育科目を、同じシラバスと時間割に沿って提供します。
これらを通じて、幅広い教養と高い人間性・倫理観の涵養を図り、獣医師として地域や国際社会に貢献することができる人材を輩出します。2019年6月には、国際水準の獣医学教育を実践していることが認められ、鹿児島大学とともに欧州獣医学教育機関協会による国際認証(EAEVE認証)をアジアで初めて取得しました。

生命を学ぶ
獣医学科は、人と動物との関係を科学的に追求し、動物と人類の福祉、食資源とその安全性の確保、高度獣医療ならびに生命科学研究に貢献できる獣医師と獣医学研究者の養成を目的としています。
基礎獣医学、病態・予防獣医学、臨床獣医学を学び、社会に貢献できる獣医師の養成を目指します。