モバっちょ


農学部
<教育理念・目標>
 人類の生存を支える安全な食料の効率的生産、生態環境の保全、生物資源の機能開発のための教育研究を行い、地域社会の発展に寄与し、また国際的に活躍できる人材を育成するとともに、農学生命科学分野での先導的な研究の発信を行う。

 動物と人の福祉に寄与する獣医師の養成、すなわち小動物や産業動物、野生動物の獣医療及び公衆衛生学のための教育研究を行い、地域社会の発展に寄与し、また国際的に活躍できる人材を育成するとともに、獣医学分野での先導的な研究の発信を行う。

●生物資源環境科学科
 講座の枠にとらわれることなく、学科全体で総合的な教育を展開しています。食料生産と環境について幅広く学ぶことができるようカリキュラムを編成しています。食料生産、管理、環境および流通領域の基礎知識をバランスよく身に付けることができます。また、問題発見・解決能力の高い人材を育成するために、実験・実習・演習および卒業論文に多くの時間を割いているのも特徴です。

●生物機能科学科
 生化学の基礎に立ち、先端的バイオサイエンスの実践力を身に付ける積み上げカリキュラムを編成しています。食品・薬品・化学・バイオ・環境などの分野で活躍できる人材を目指し、生化学・分子生物学の基礎知識、基礎実験から始め、微生物・植物・動物の遺伝子・タンパク質などを利用する知識・技術を修得します。卒業研究では最新の生命科学研究に取り組み総合力を磨きます。