地域貢献サークルMeikuに所属の生物資源学部4年生が「学生ボランティア活動体験レポート募集事業」において、優秀レポートとして採択されました

「学生ボランティア活動体験レポート募集事業」(主催:一般財団法人 学生サポートセンター)において、三重大学地域貢献サークルMeiku所属の生物資源学部4年 香山睦実さんが、優秀レポート(タイトル:自分の好きなことで地域を笑顔に)として採択されました。  

香山さんは、最初はボランティア活動というよりは、自然や動物、田舎が好きだったことでサークル所属を決めたが、三重県津市白山町上ノ村での稲作などの活動をとおして、過疎化や少子高齢化などの社会問題を自分事としてとらえるようになり、サークル活動の本当の意味に気づいたそうです。三重大学卒業後も農業に携わっていきたいと語っていました。




新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、主催者による表彰式が開催されないこととなり、駒田学長より表彰状が授与されました。