モバっちょ


生物資源学部
21世紀の食・環境・バイオを担う人材を育てます

 「人類の持続的生存を保障する」、農林水産系学部には、他の学部にはない高い使命があります。「ミクロな遺伝子から地球レベルの環境まで」の幅広い分野をカバーする、他大学にはない独自性豊かな三重大学生物資源学部に入って、「持続可能な未来を創る」科学を学び、共にこの高い使命の担い手となりましょう!

 生物資源学部は今から30年ほど前、1987年に当時の農学部と水産学部の統合により発足した全国にないユニークな学部です。単独で博士課程をもち、入学定員が260名と農学系では東海・中部の国公立大学の中で最も多く、近畿、中四国を加えても第2位を誇ります。前身を1921年設置の三重高等農林学校とし、100周年を迎える伝統校で、現在、資源循環学科、共生環境学科、生物圏生命化学科、海洋生物資源学科の4学科があり、約70もの教育研究分野で農林水産系におけるほとんどの学問領域をカバーします。また、実習の場である附属教育研究施設として、紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター(農場、演習林、水産実験所)、そして東海・北陸・近畿地方の国立大学の中では唯一の練習船(勢水丸)を有し、さらに、2016年12月、全国初の附属鯨類研究センターを設置しました。このように、生物資源学部は「山の頂から海の底まで」の文字通り広大なフィールドを教育・研究の対象とし、農林水産業及びその関連産業、すなわち、食料、環境、健康、バイオにかかわる産業の振興を担う人材の育成を目指しています。
 資源循環学科
 共生環境学科
 生物圏生命化学科
 海洋生物資源学科