地域保健学域

 人は地域社会において、健康で文化的な生活を営むためには、身体的、精神的、社会的に良好な状態で生活できることが大切です。ライフステージで生じる子育て、教育、医療、介護などの問題は複雑で多様化しています。保健・医療・福祉・教育などのヒューマンサービスの分野で、生命の尊さと人の尊厳を重んじ、豊かな人間性と深い教養を備えた人材を育成する必要があります。地域保健学域は、人と社会に対する包括的視野と、人を支援する専門的でかつ協働的な実践力を身に付け、地域社会および国際社会において人々の健康と福祉の向上に寄与する人材を育成します。

 したがって、地域保健学域では次のような学生を求めています。

1 保健・医療・福祉・教育の分野で人々に貢献することを目指す人

2 人々の喜び、悲しみ、痛みを分かち合え、人の主張と気持ちを受けとめる寛大な心と包容力をもった人

3 学問の向上に興味をもち、探究心旺盛な人

4 人々と連携し、問題を解決する意欲と能力をもった人


 以上に基づき、次の1〜3の能力や適性を身につけた学生を選抜します。

1 高等学校における教科・科目を文理とも広く学習し、高い基礎学力を有していること

2 対人支援のコミュニケーションのための基礎となる語学力(国語・英語)を有していること

3 論理的な思考能力を有していること

看護学類

総合リハビリテーション学類

教育福祉学類