生命環境科学域

 食料やエネルギーなどの多様な資源を利用し、人間生活に必要な有用物質を生産し活用するためには、また、人間が良好な環境で生活できる社会を持続的に発展させるためには、環境と調和した社会活動に貢献できる人材が求められています。生命環境科学域は、生物の多様な生命現象や生命機能の解明とその利用をめざしたバイオサイエンス・バイオテクノロジー、持続可能な生命環境の保全と創成、それらの基盤となり、さらに広範な自然現象の理解と応用をめざす自然科学についての専門的知識や技術とともに、豊かな教養と問題解決能力、高い倫理観と創造力を身につけ、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる人材の育成を目指しています。

 したがって、生命環境科学域は次のような学生を求めています。

1 生命現象・機能とその環境についての科学と自然科学を学ぶことに対する明確な目的意識をもち、社会の持続的発展に貢献する意欲をもっている人

2 幅広い興味をもち、自ら進んで学ぶ探究心をもっている人


 上記のアドミッションポリシーにしたがい、次の1〜3の能力や適性をもつ学生を選抜します。

1 大学入試センター試験で課している科目の内容を十分に身につけていること

2 物理、化学、生物だけでなく、データ解析などに必要な数学の基礎学力を身につけていること

3 学術雑誌の内容の理解、レポート作成、研究内容の発表のための英語や国語の基礎学力を身につけていること

獣医学類

応用生命科学類

緑地環境科学類

理学類