医学部

<医学科>
未来を支える医学、医療の開拓
 名古屋大学医学部はその源を尾張藩校に発し、140年有余の歴史と約13,000人の卒業生を誇る日本でも最古の医学部の一つであるとともに、21世紀の日本を支える医学・医療の拠点として活動しています。

 名古屋大学医学部の活動は、4つの理念にまとめられています。その要点は、1)人類に寄与する先端的医学研究と医療技術の創成、2)医の倫理を尊重し、人類の幸福に貢献する人材の育成、3)地域社会、我が国及び世界の医療の向上、4)医学研究・医療の中枢として開かれたシステムの構築、であります。我々は、医学・医療を通じて社会に貢献することに深い使命感を持ち、国際的な視点を持って活動できる若い諸君の参加を願っています。

<保健学科>
次世代の保健医療を担う専門家へ
 少子高齢・多死社会が進む現代では医療現場が大きく変貌しています。保健医療についても、病気の予防医療や、移植・再生・遺伝子治療など高度先進医療への対応とともに、緩和ケアや終末期医療までを見据えた患者・家族の生活の質を重視する包括的なケアが求められています。

 平成9年に医学部保健学科が開設され、平成14年から大学院博士前期課程(修士)を、平成16年から大学院博士後期課程(博士)を有する基幹大学として、21世紀の医学・医療を支える高度医療専門職を育成すべく教育・研究に励んでいます。本学科に入学して、次世代の保健医療を担う専門職業人への道を歩みませんか。

【コース紹介】
看護学専攻
 看護学専攻は、学部レベルの教育では高い倫理性と国際性を備えた保健医療の専門職である看護師(保健師)を養成しています。また、大学院では高度実践専門職(がん看護、THP:トータルヘルスプランナー)の育成、世界に通じる教育研究職の育成(博士前期課程、博士後期課程)を行っており、将来のさらなる発展を目指す意欲的な皆様をお待ちしています。

放射線技術科学専攻
 近年の医療技術、医療機器の進歩は著しく、画像診断、放射線治療における、放射線技術学の役割はますます重要になっています。画像診断には、X線撮影、X線CT、MRI、超音波、核医学機器に加え、これらを組み合わせた機器開発も進んでいます。本専攻では、急速に進歩するこれらの画像診断・放射線治療の現状に対応できる診療放射線技師を育成するとともに、専門領域の教育・研究者の育成を目指しています。

検査技術科学専攻
 検査技術科学専攻では、高度な専門知識を基に「臨床・管理・政策立案等」でリーダーシップを発揮し得る医療従事者(高度専門職業人)の養成を進めるとともに、学際的かつ先駆的な研究によって臨床検査学分野における学術研究を推進する優れた研究者・教育者の養成に重点を置いています。現代保健医療の諸問題の解決に向けた研究開発マインドをもった指導的高度医療人を養成します。

理学療法学専攻
 理学療法学専攻は教員と学生が授業や実習を介して交流の盛んな専攻です。学年には担当教員がつき、学生生活全般をサポートする制度をとっています。また、理学療法の理論的裏付け、学問としての体系化を進めるために、科学的論理性の教育に重点を置いており、特に3年後期から4年生に実施される卒業研究には全専攻教員が力を注いで研究指導を行っています。

作業療法学専攻
 作業療法学は、作業や生活を科学的に捉えて治療・支援を行う実践的な学問です。本専攻では、脳機能と行為の関係や援助技術の開発、地域生活に密着した臨床研究などの専門性豊かな教員と取り組む卒業研究や短期海外研修を通して、高度な専門性と国際性を身につけた作業療法士の育成を目指します。また、保健・医療・福祉の領域に大きく貢献する未来の研究者と高度専門技術を有するリハビリテーション領域の専門家への道を応援します。