教育学部

人間の成長・発達の科学の時代
〜人間発達科学へのアプローチ〜

 教育学部は、入学定員65名の比較的小規模な学部ですが、これに対して専任の教員は40数名を擁し、更に外部からの兼任教員も加わって、5つの特色あるコースごとに斬新なカリキュラムを開設しています。

 急激に変化し国際化する現代社会の中で、創造性を生かし、積極的に取り組み、社会をリードできる人材を養成するために、少人数によるマンツーマン教育がそれぞれのコースにおいてなされています。

 教員と学生のコミュニケーションがうまくいっているのも本学部の特長です。

【コース紹介】
<人間発達科学科>
・生涯教育開発コース
 人間の教育は家庭から始まり、学校、社会を通じて生涯にわたるものです。このコースでは、人間形成と発達の過程を規定するさまざまな文化的・社会的要因について歴史、制度、地域社会、労働、技術などの様相から考えていきます。具体的には、教育社会史、教育行政学、社会・生涯教育学、技術教育学、職業・キャリア教育学といった領域から、アプローチをしていきます。

・学校教育情報コース
 高度情報化の時代、学校はどのような役割を担い、どのような期待に応えていくべきなのでしょうか。このコースでは、情報化社会における学校教育の過程や構造について、実際の学校生活や学校文化について、参与観察やフィールドスタディを行いながら、人が成長し、その中で意味を求めていく姿を共に考えていきます。具体的には、教育情報学、カリキュラム学、教育経営学、教育方法学、教師発達論などの領域からアプローチをしていきます。

・国際社会文化コース
 現代社会は、複数の国家が結びつきを持つ国際化、「ヒト・モノ・カネ・情報」が国家・地域などの垣根を越えて地球規模でやり取りされるグローバル化が進展しています。このコースは、異文化に出会い、異文化の人々と語り合い、相互理解を深めたり、同時に自文化を再発見し、自己を見つめ直すことを目的とするプログラムです。具体的には、人間形成学、教育人類学、教育社会学、比較教育学、大学論といった領域から、グローバルなレベルでの人間や教育の問題を一緒に考えていきましょう。

・心理社会行動コース
 私たちは、人やモノ、そして自分自身を、どのようにとらえているのでしょうか。このコースは、人間の認知や機能、人格特性について、社会的文化的文脈の中で、科学的かつ数量的に解明していこうというプログラムです。具体的には心理計量学、学習行動学、パーソナリティ発達学、社会行動学、応用行動学などの領域から、探求していきます。

・発達教育臨床コース
 人間が発達するのは、どのようなプロセス、どのような仕組みで可能となるのでしょうか。このコースでは人間の成長と発達について大きく2方向から探求しており、一方は誕生から老人にいたるまでの過程から、他方では家族・学校・地域・職場といった生活空間の広がりの中から考察します。具体的には、生涯発達心理学、発達援助臨床学、家族発達臨床学、学校臨床心理学、医療臨床心理学などの領域からアプローチをしていきます。