モバっちょ


大阪大学が産学連携等の3分野で国内トップ
 文部科学省が、平成30年度の「大学等における産学連携等実施状況について」を発表し、大阪大学は3分野で国内トップとなりました。

 民間企業からの研究資金等受入額(共同研究・受託研究・治験等・知的財産)は93億5959万4000円で、2位だった29年度より11億4505万1000円増加し、1位になりました。

 民間企業との共同研究費受入額も6億4515万7000円増やして74億7656万9000円と、前年度2位からトップに就きました。

 また、民間企業との共同研究費受入額のうち1000万円以上の研究費受入額についても、55億8091万8000円(同5億6139万1000円増)で、2年連続の1位となりました。

 さらに、同一県内企業及び地方公共団体との共同・受託研究実施件数(地方別)は、近畿地方トップの327件(20億6777万円)で、集計が始まった平成27年度以降1位を維持しています。

 共同研究費の増加について本学は、「全国に先駆け大阪大学で開始した共同研究講座、協働研究所という制度が大学内外に定着し、オープンイノベーションに対する効果が広く認識されたことによるもの」ととらえています。

 詳細は文部科学省ホームページをご覧ください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1413730_00005.htm (外部サイトへ移動します)