モバっちょ


サステイナブルキャンパス賞奨励賞を受賞しました!
 11月23日(土)に名古屋大学で開催された「サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN) 2019年次大会」において、学生団体「大阪大学トイレ研究会」との協働ワークショップにより整備した全学教育推進機構のトイレ整備の事例が評価され、本学はキャンパスのサステイナビリティに配慮した学生活動部門にて『サステイナブルキャンパス賞2019 奨励賞』を受賞しました。

 サステイナブルキャンパス推進協議会(以下CAS-Net JAPAN)は、国内における持続可能な環境配慮型社会の構築に貢献することを目的とし、平成26年3月に発足しました。キャンパスのサステイナビリティに配慮した「建築・設備部門」、「大学運営・地域連携部門」,「学生活動部門」の3部門において、優れたサステイナブルキャンパス構築に係る取組事例が表彰制度によって顕彰されます。今回はうまく学生の課外活動と連携し、満足度の高い施設整備が実現したことが評価されて受賞することとなりました。

 今後も学生と連携した施設整備を推進し、多様性を育むオープンでサステイナブルなキャンパスを実現していきます。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2019/11/2804 (外部サイトへ移動します)