モバっちょ


沿革
 大阪大学は我が国第6番目の帝国大学として1931年に創設されました。しかし、大阪大学の原点は緒方洪庵が1838年に設立した適塾に見いだすことができます。緒方洪庵の弟子や息子を中心として明治新政府により1869年に設立された大阪仮病院や大阪医学校が幾多の変遷を経て、1931年に医学部と理学部の2学部からなる大阪帝国大学が創設されました。司馬遼太郎が長編歴史小説『花神』の冒頭に「『適塾』という、むかし大坂の北船場にあった蘭医学の私塾が、因縁からいえば国立大阪大学の前身ということになっている」と記しています。大阪大学には緒方洪庵の「人のため、世のため、道のため」という精神と大阪府民の学問への思いが受け継がれています。大阪大学は2011年に創立80周年を迎えましたが、2013年には適塾創設175周年という阪大の歴史の中で大きな節目の年を迎えました。創基以来175年に及ぶ阪大の歴史をたどってみましょう。
 1838年 適塾
 1931年 大阪帝国大学の誕生
 1949年 大阪大学へ
 2007年 大阪外国語大学と統合
 現在 研究型総合大学へ成長
 
 江戸時代から引き継がれる精神。学びの本質。大阪大学の考える「知の本質」とは。