モバっちょ


歯学部
歯学科

健康の源である「口」を通して、豊かな生活に貢献する
 1951年に国立総合大学で最初の歯学部として創設。国際的にも有数の教育・研究機関へと発展を遂げてきました。技術中心ではなく、口腔科学・口腔医療として歯学を理解することを目的としており、研究の活発さも全国一。また、最高レベルの口腔医療に特化した附属病院も設置されており、充実した臨床実習・研修を受けられます。本学部の目的は、歯科医療のスペシャリストを育てること。さらに、歯と関連の深い口や顔、それらを動かす脳、ひいてはからだ全体を科学の目で見ることのできる“オーラルヘルス”の専門家育成にも注力しています。