モバっちょ


生物資源管理学科
将来は農業に携わる皆さんの役に立つことをする人になりたいです。

 子どものころから植物に興味があり、農業に関わる仕事をしたいと考えて農学の専攻を志望。地元の三重県沿岸部と比べてこちらは田んぼも多く、実習授業が充実していることから滋賀県立大学を志望しました。野菜などの植物系を学びたいと思っていましたが、いざ入学してみると生物資源管理学科の学びは畜産や魚類学など農学全般に及び、なかでもフィールドワークや生物資源管理学実験実習、また植物資源、遺伝学、生物学など多彩に学べたことで視野が広がりました。同時に、仕事として成り立たせるには広範な知識が必要であることを実感。近江楽座では、県大生が耕作放棄地を再生し、地元の協力を得ながら地域を盛り上げる「とよさらだプロジェクト」に参加しました。自主的な活動を通じて学びを実践でき、同時に農業とまちづくりはセットであることを体感。学科のプログラムを超えた体験は、人としての成長にも強くつながっていると感じています。滋賀県大なら、入ってからやりたいことも見つかり、進路も決めることができます。ぜひ、いろんなことに挑戦してください。

滋賀県立大学が地域教育プログラムの一環として独自に展開する学生主体の地域貢献活動「近江楽座」のプロジェクトの一つ。

4回生(女性)