モバっちょ


人間看護学部
一人一人の患者さんと向き合い治りたい気持ちを引き出せる看護師に。

 子どものころから救急救命の世界に憧れを持っており、将来は医療の仕事に就きたいと考えていました。滋賀県立大学は身近な公立大学であり、保健師課程も取得できるところから進学を決めました。授業を通じて成人クリティカルケアをはじめ、母性や老年、小児など多様な看護の世界に触れ、また彦根市立病院での臨地実習などを経験する中で、自分の適性も見えてきました。現在は、時間と闘いながら多くの患者さんと向き合う急性期の看護ではなく、高齢者を含む慢性期の患者さん一人一人とじっくり向き合う看護に興味を感じています。この大学で学んだ大切なことの一つが「治りたい気持ちをどう引き出すか」つまり患者さんの意識変容を促すという考え方です。そんな思いから、近江楽座の一プロジェクトとして参加している未来看護塾では、病院や障がい者施設、保育園などに出向き、コミュニケーションを重ねています。人格形成につながる様々な出会いや、地域の皆さんとかかわりを持てることは滋賀県立大学ならでは。それが看護師を続けていける力になると思います。

人間看護学科 3回生(男性)