モバっちょ


令和元年度秋田大学公開講座「超スマート社会を支える機械工学」
 秋田大学(学長:山本文雄)は、令和元年11月30日(土)、公開講座「超スマート社会を支える機械工学」を開催します。

 「超スマート社会」とは、必要なものが必要な時に必要なだけ手に入り誰もが活き活きと快適に暮らせる社会であり、日本はいまその構築を目指して動き始めています。

 本講座では、工学の基盤技術に位置付けられる「機械工学」が超スマート社会においてどのように貢献できるかについてエレクトロモビリティ、メディカル・エンジニアリング、サスティナブル・メカニカル・エンジニアリングの視点から最新の研究成果などについて紹介します。

 理工学分野に関心を持つ高校生等も参加しやすいよう、受講料無料の講座として開講します。

日時:
令和元年11月30日(土)13:00〜16:05(全四回)

会場:
秋田大学手形キャンパス鉱業博物館講堂
(秋田市手形字大沢28番地の2)

講師:
秋田大学理工学部システムデザイン工学科機械工学コース
教授 長縄 明大(講義@、A担当)
教授 村岡 幹夫(講義B担当)
教授 三島 望(講義C担当)

受講料:
無料

募集人員:
30人
要事前申込み、定員になり次第〆切といたします。

申込期間:
 11月27日(水)まで受付。

申込方法:
秋田大学地方創生・研究推進課にて受付(大学HP・窓口・電話・FAX・Email)

各回の講義概要等、詳細は下記URLより別紙チラシにてご確認ください。
https://www.akita-u.ac.jp/honbu/event/img/pro30835_01_dl.pdf (外部サイト)

【お申し込み・お問い合わせ先】
秋田大学地方創生・研究推進課(担当)安井
電話:018-889-2270
FAX:018-889-3162
Email:shakoken@jimu.akita-u.ac.jp
大学HP:https://www.akita-u.ac.jp/ (外部サイト)