モバっちょ


阿仁鉱山・荒川鉱山の史跡研究プロジェクトの集大成 秋田大学地方創生センター2018年度特別展「秋田に残る鉱山の近代化遺産」を開催
 秋田大学(学長:山本文雄)は11月21日(水)〜翌年1月31日(木)の期間、秋田大学地方創生センター主催 2018年度特別展「秋田に残る鉱山の近代化遺産 絵画に記録された寺崎広業の阿仁鉱山と平福穂庵の荒川鉱山」を秋田大学大学院国際資源学研究科附属鉱業博物館(以下、鉱業博物館)で開催します。

 地方創生センターでは、これまで阿仁鉱山と荒川鉱山の史跡について研究プロジェクトを企画し、その成果を公開してきました。

 今回は、これまでの成果をまとめ、今後秋田に残していかなければならない重要な近代化遺産について紹介します。特に、近代化に向かう阿仁鉱山と荒川鉱山においては、日本画の大家となる秋田出身の寺崎広業と平福穂庵が、それぞれ鉱山の町や技術を描き残しており、今に残る鉱山史跡の歴史的価値を高めています。

 今回の特別展では、このような絵画に記録された往時の鉱山と今の史跡とを結びつけることで、広く市民の皆様に興味を持っていただくことを期待して開催します。

 また、11月21日(水)には監修者である国際資源学研究科の今井忠男教授による特別講演会を行います。

日時:
平成30年11月21日(水)〜翌年1月31日(木)9:00〜16:00
(休館日:平成30年12月26日〜翌年1月6日及び日曜・祝日)

会場:
秋田大学大学院国際資源学研究科附属鉱業博物館 2階特別展示室

入館料:
大人100円、高校生以下無料

特別講演会:
日時:平成30年11月21日(水)13:30〜
講師:秋田大学大学院国際資源学研究科 教授 今井 忠男
会場:秋田大学国際資源学部附属鉱業博物館 3階講堂
どなたでも聴講いただけます(入館無料、事前予約不要)

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.akita-u.ac.jp/honbu/event/img/pro30737_01_dl.pdf (外部サイトへ移動します)

【お問い合わせ先】
秋田大学地方創生センター(地域協動窓口)
TEL:018-889-2270
FAX:018-889-3162