モバっちょ


法学部 法律学科 2018年 3月卒業 男性
・東京高等裁判所

 私が裁判所職員を志望した理由は、大学で学んだ法律の知識を活かせる仕事に携わりたいと思い、その中でも公平中立な立場から法律に携わることができる仕事に就きたいと考えたからです。

 仕事で苦労している点は、大学で学んだ以上に深い法律の知識が求められることです。実務では大学で学ぶ法律以外にも、各法律の下位規範である規則や規定、それらに基づいて発出されている通達等の内部規範の知識も必要になります。法学部を卒業した今も、仕事をしながら法律について学ぶことが数多くあり、法学の奥深さを改めて実感しています。しかし、大学で教わった法的思考力や、物事の捉え方は仕事をする上で今でも役立っています。

 北九州市立大学は、熱心な先生や職員の方が多く、積極的に行動すれば他大学では学べないことも吸収できる環境が整っていると思います。皆さんも是非この大学で頑張ってください。