モバっちょ


経済学科
努力が無駄になることは絶対にない!
(2年 福岡工業大学附属高等学校卒 男性)
○一般後期
 私は政治経済学や統計学に興味があり、経済学を専門として学びつつ統計学を使って社会問題を分析し解決策を見いだせるような能力をつけたいと思い、経済学科を志望しました。

 経済学科の後期入試は小論文試験です。試験では限られた時間の中で設問に適う箇所を正確に拾い出し、指定の字数にまとめる必要があるため、その練習を繰り返しました。また様々な分野の文章が出題されるため、不得意な分野でも対応できるよう読解力を養うように努力しました。

 受験はつらい道のりになるかもしれませんが、努力が無駄になることは絶対にないので、合格に向けて最後まで頑張ってほしいと思います。

分析することで新しい発見ができることが経済学の魅力。
(3年 九州国際大学付属高等学校卒(福岡県) 女性)
○一般前期
 自分が生活している中で身近なものであるお金の流れについて興味を持った事が経済学科に進学するきっかけでした。身の回りの様々な事象について分析することができ、分析することで新しい発見ができることが経済学の魅力だと思います。北九大は簿記講座や公務員講座など資格取得や就職に対する支援もあり。自分の進路を考える上でとても役に立っています。

 私は元々理系だったのですが、入試の二次試験で数学を選択することができたので北九大を受験しようと思いました。理系の皆さんにもぜひ経済学科を進路のひとつとして考えてもらえたら嬉しいです。