モバっちょ


英米学科
実践的な英語のスキルが身につき、とてもやりがいがあります。
(4年 福岡県立八幡高等学校卒 女性)
○一般前期
 私は大学で海外留学をしたいと思っていました。留学しやすい環境が整っていたことが北九大を志望するきっかけになりました。

 英米学科はクラスごとの授業が多いためクラスメイトととても仲良くなれます。授業ではスピーキングやディスカッション、プレゼンテーションの機会が多く、実践的な英語のスキルが身につき、とてもやりがいがあります。留学や海外インターンシップに行く仲間も多いのも魅力的です。海外の文化に接する中で、日本だけでは学ぶことのできない多様な価値観に出会うことができます。

その“好き”が将来に繋がるきっかけになるかもしれません。
(4年 宮崎県立宮崎南高等学校卒 女性)
○一般前期
 私は高校生の頃から英語を学ぶことが好きで、大学でも英語を学びたいと思い英米学科に進学しました。授業ではディスカッションなどを通じて、英語でのプレゼン力が鍛えられます。また、イギリスやアメリカの歴史・文化・文学の授業も多いです。英語の勉強を心行くまでできる環境だと思います。

 将来は入国審査官を目指していて、今は公務員試験の勉強に励んでいます。

 英米学科は入試でも英語力が求められます。二次試験の英語はセンター試験より難易度が高かったと思います。長文読解だけでなく、記述の問題も力を入れて勉強しました。外国語に興味のある受験生の皆さんにとって、その“好き”が将来に繋がるきっかけになるかもしれません。頑張ってください。