地域未来共創学環

ビジネス、データサイエンスの学びと、企業・自治体での長期有給実習が特徴の新教育組織!

学科・コース等

地域未来共創学環

・地域ビジネスデザインプログラム
・地域創生データサイエンスプログラム


学びの特色

分野・文理横断型のカリキュラム

学生全員が「ビジネス」、「データサイエンス」、「ソーシャル・アントレプレナーシップ」を学ぶ分野・文理横断型のカリキュラム。2年次からは、「地域ビジネスデザイン」・「地域創生データサイエンス」の2プログラムから選択して学びを深めます。

多様な教員による充実の支援体制 学環独自の学びを支える専門スタッフも

人文社会科学部・工学部・農学部と連係した課程で、入学定員40名に対して多様な専門分野の専任教員20名を配置し、さらにUEAという学環独自の専門スタッフが学生ひとりひとりの志向(学生が解決したい地域課題や将来の進路)や学修計画に沿って、きめ細やかな履修のサポートや実習コーディネートを行う充実した教育支援体制。

地域未来共創学環の最大の特徴「コーオプ教育」

企業や自治体等で長期間にわたり有給の実習を行うコーオプ教育が特徴。現在、茨城県内の50以上の企業・自治体等が実習協力団体として参加。大学で学んだ知識・能力を実社会で応用し、高い実践力を身に付けます。


取得可能な資格

企業・自治体等でのコーオプ実習によって、職業実践に関する高いスキルを修得します。


※カリキュラム、紹介動画等、詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.ibaraki.ac.jp/department/