モバっちょ


学費の免除
 国立学校における学費免除制度は、経済的な理由によって授業料の納付が困難であり、かつ学業が優秀と認められる者に対してその納付を免除することにより修学の継続を容易にするものです。

 茨城大学には、「入学料免除・徴収猶予」および「授業料免除・徴収猶予」の制度があります。

■入学料免除・徴収猶予について
【入学料免除の対象者】
大学院・特別専攻科生については1・2・3・4、学部生については2・3・4のいずれかに該当する者

1.研究科又は特別専攻科に入学する者のうち経済的理由によって入学料の納入が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合

2.入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下、「学資負担者」という。)が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納入が著しく困難であると認められる場合

3.学長が相当と認める事由がある場合

4.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により入学料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。

【入学料徴収猶予の対象者】
1.経済的理由によって入学料の納入期限までに納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合

2.入学前1年以内において、入学する者の学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、入学料の納入期限までに納入が困難であると認められる場合

3.その他やむを得ない事情があると認められる場合(平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響による場合も審査の対象とする。)

【入学料免除の額】
入学料の全額または半額
結果通知(4月入学者は5月下旬頃、10月入学者は11月下旬頃郵送予定)があるまでは、入学料の納入が猶予されます。

■授業料免除・徴収猶予について
【授業料免除の対象者】
1.市町村民税所得割額が非課税である世帯

2.学生本人が社会的養護を必要とする者(児童養護施設退所者等)であり、授業料の納入が著しく困難である場合

3.経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合

4.在学生は申請6ヶ月以内(新入生に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合には、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納入が著しく困難であると認められる場合

5.その他やむを得ない事情があると認められる場合

6.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により授業料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。

7.家計状況が急変した場合

【授業料免除の額】
授業料の全額又は半額若しくは1/4額
結果通知(前期は6月上旬頃、後期は12月上旬頃郵送予定)があるまでは、授業料の納入が猶予されます。

【授業料徴収猶予(延納と分納)の対象者】
・延納の場合
1.経済的理由により、納入期限までに授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合

2.学生又は学資負担者が風水害等の災害を受け、授業料の納入が困難であると認められる場合

3.その他やむを得ない事情があると認められる場合(平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響による場合も審査の対象とする。)

※月割分納は、特別な事情がある場合のみ申請するようにしてください。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.ibaraki.ac.jp/student/economicsupport/exemption/index.html (外部サイトへ移動します)

【入学料免除・徴収猶予および授業料免除・徴収猶予に関するお問い合わせ先】
 不明な点、質問等ありましたら、学生支援センター(共通教育棟1号館1階 TEL 029-228-80678059)までお願いします。