理学部

 「理学」は知的好奇心に応える学問。自然界における様々な「不思議」に挑戦しよう。

■学部紹介
 理学部は、自然科学の基礎を深く掘り下げ、自然の「理」を切り拓いていくところです。自然科学全般にわたる基礎的な知識及び技術を学ぶことにより、大学院における修学及び研究に必要な観察力及び想像力を有し、社会に貢献するために必要な自然科学の基礎的素養を身につけた人材の育成を目指しています。

■学部での学び
 自然科学に関する多角的な視点から物事を判断できる資質を育成するために、@自然界の本質を見きわめ、その背景にある法則性を追求する目を養い、A新しい理論の構築や新事実の発見に繋がる独創性を磨き、B人類が直面する諸問題や技術革新に貢献できる基礎を身につけます。

■求める学生像
○自然に関心をもち、自然現象のメカニズムを解明したい学生
○物事を論理的に説明したい学生
○時流に流されることのない真理を探究したい学生
○観察や実験が好きで、納得が行くまで観察や実験を続けたい学生
■自然界の真理を広く学ぶ5つの学科
 実社会の問題を解決するための効果的なツールとして、数学へのニーズは高まっています。当学科では、純粋数学から応用数学までの幅広い教育と研究を通して、問題の本質を的確に捉えて対応出来る柔軟な思考力・俯瞰力・問題解決力をもつ人材の育成に取り組んでいます。
 物理学の対象は、素粒子や原子核のミクロの世界・絶対零度近くの極低温の世界・壮大な宇宙など大きく広がっています。こうした自然界には新しい粒子や原子核、新しい超伝導状態、新しい宇宙の構造など私たちの好奇心をくすぐる発見があふれています。物理学科の目標は、このような発見ができるチャレンジ精神旺盛な人材を育てることです。
 SDGsの実現に向けて、エネルギー・環境問題の解決、機能材料や医薬品の開発などを通して、ますます化学が重要な役割を果たします。本学科では「広範な現象や物質の構造・性質・変換を分子レベルで理解し、分子を自在に操り所望の物質を作り出す」という化学の基礎に重点を置き、世界最先端の研究を行うとともに人材の育成に力を注いでいます。
生物学:
 21世紀は生物学の時代です。「生物学」では生物多様性の解明と生命の基本原理の発見を目指しています。そして21世紀にふさわしい「生物学」の知識と技量を持つ人材を育成しています。

高分子機能学:
 生命を科学すること。それは、生命の仕組みを多彩な切り口で知り、生命を支える仕組みを活かして社会に役立つ研究を実現することです。

 高分子機能学では北大初の4学期制で「物理学・化学・生物学」の基礎とともにデータサイエンスを学べる生命科学分野の次世代型学習環境を提供し、世界の課題解決に貢献する科学者を養成します!
 地球惑星科学科では、多様な理学の知識を総動員して、地球・惑星の構造、物質、多彩な現象と変動、そして起源と進化について、実験・理論・野外観察・シミュレーションなどにより解明する努力を行っています。また、環境保護や資源の利用、および自然災害への対策といった人類が直面する喫緊の問題の解決にも力を入れています。