健康福祉学部

あなたの熱い気持ちを大切に、優れた臨床能力、問題解決能力を育みます。

 今、日本の保健医療は大きな転換点に立っています。社会保障制度の見直し、需要供給バランスの不一致や格差拡大、専門知識・技術の高度化に伴う保健医療職の質保証等、早急に解決すべき問題が山積しています。このような状況で、質の高い保健医療を進めるには、一人ひとりの医療専門職が優れた科学性と高い臨床能力を兼ね備え、どんな問題に対しても柔軟に対応できる応用力を持つ必要があります。しかし、何よりも保健医療職として必要なのは、患者様や障がい者の方々、そのご家族や介護者の方がともに幸せになるように、常に相手を敬い、相手と一緒に人生を歩み、相手から教わるという人間としての根本です。保健医療の「知と理の拠点」、健康福祉学部。その新たな歴史を作り、明日の健康・医療を担うのは、意欲と情熱にあふれた皆さんです。人を支えていきたい、という熱い気持ちを持った皆さんを、私たちは心よりお待ちしています。
総合大学で学ぶ長所を保健・医療・福祉の現場で生かせる資質の高い看護職へ。

コンセプト

 総合大学で学ぶメリットを生かし、他学科とも連携しあいながら、一般教養や基盤科目をしっかり学び、人のぬくもりのある看護に欠かせない豊かな人間性、社会性を身につけます。都立病院との連携を深め、より実践的な教育を展開、医療機関を中心とした従来の看護に加え、高齢者・在宅・地域・家族看護やターミナルケアなど、大都市東京の地域特性に対応した、より専門性の高い看護技術を習得し、特に必要性が高まっている在宅看護では、的確な判断力を元に患者の身体の状態に応じた看護の実現をめざします。演習にも力を入れ、教員のデモンストレーション、視聴覚教材を用いた学習、患者と看護者役を経験するグループワークなどを通して実践的な技術や判断力、倫理的な感受性を身につけます。さらに、臨地実習では事前にOSCE(客観的臨床能力試験)を実施し、学生の基礎的な臨床能力を評価した上で、すべての看護学専門領域において実際に患者を受けもち、問題解決法を用いて看護を実践します。
状況に柔軟に適応できる「臨床実践能力」を備えたメディカル・スペシャリストを育成します。

コンセプト

 病気やケガにより「起きる・立つ・歩く」などの基本的動作が不自由になった人や、呼吸・循環器疾患や糖尿病などの身体機能に障がいをもつ人に対し、能力回復のための治療やトレーニングを行うのが理学療法士です。そのために、運動療法や超音波などの物理療法だけでなく、住宅環境の整備や訪問理学療法を行うなど、急速に進む高齢社会において、身体機能の維持・改善を援助するメディカル・スペシャリストとしての活躍がますます期待されています。理学療法学科では、「医学的基礎科目」「理学療法科目」「臨床医学科目」の3つの専門的分野を柱に学び、医療機関での実習を通して臨床実践能力を身につけます。さらに、各分野の専門教員がこまやかで実践的な指導を実践、充実した設備の実習室も完備し、専門知識と医療技術をしっかり身につけた医療の専門家の育成をめざしています。また、国家試験の合格に向けて学科全体でバックアップしており、例年、高い合格率を誇っています。
最新かつ細心の知識と配慮で心と体のリハビリができる医療専門職をめざします。

コンセプト

 心や体に病気や障がいのある人々が、その人らしく、生き生きとした生活が送れるよう支援するのが作業療法士であり、その内容は、運動機能や精神機能の回復支援、日常生活での環境整備、対象者の症状や年齢に応じた就学・就労の支援など多岐にわたり、いまや社会において重要な役割を担っています。

 作業療法学科では、学内での講義や実習をはじめ、病院やリハビリテーション施設での見学体験、評価実習、臨地実習など、密度の濃い実践的なカリキュラムと充実した設備を用意。作業療法の知識や支援技術などを幅広く徹底して学び、作業療法士として自立して活躍できる真の実力を身につけることを目標としています。また、「作業療法総合臨地実習」において、身体障がい・精神障がい・発達障がい・老年期の4つの領域すべてをバランスよく体験できるのも、本学科の特色のひとつです。さらに、4年次の終わりに受験する国家試験対策にも万全の体制で臨んでいます。

 卒業後は、保健医療の専門職として、病院、保健・医療施設、国や地域の機関などを舞台に活躍するほか、大学院に進学し、研究者や指導者をめざす道も開かれています。
充実した教育および研究環境で、現代医療に欠かせないスペシャリストを育成します。

コンセプト

 放射線学科では、科学的に放射線を理解できる力を養い、その基礎に基づいた知識と技術で先端医療施設や関連する機関で活躍できる放射線のスペシャリストを育成します。

 荒川キャンパスには、X線CTや磁気共鳴イメージング(MRI)、およびSPECT-CT装置などの診断装置をはじめ、放射線治療装置(リニアック)、治療計画用X線シミュレータ装置、非密封RI施設など、充実した教育・研究環境が整っています。また、創造的かつ科学的な思考に基づいた高度放射線専門職の育成や、先端医療技術を開発できる人材の育成を進めている大学院教育との連携を図っています。3年次後期からは放射線診断物理学・核医学物理学・放射線治療物理学・医用画像情報学・医用画像診断学・放射線計測学・医用計測システム学・画像診断システム学の各分野の研究室に所属して先端の研究に取り組むための基礎知識と研究手法を習得できます。