都市環境学部

誰もが明るく暮らせる活力ある都市を実現できる人材を育成します。

 私たちが安心して快適に暮らし、生活の質を高めていくためには、生活と自然環境の調和を図り、安全で機能的な社会システムを有する都市空間を創造・維持していかなければなりません。都市環境学部では、都市環境を構成する自然、人間、社会、物質、エネルギー、情報、構造物・人工物、公共政策などをキーワードに、進展する都市機能と環境問題の関連性、大都市におけるエネルギーの高度利用・安定供給、インフラの老朽化とその更新、大規模な災害への対応、都市・地域経済の活性化、少子高齢化への対応、多様な人々との共存、そして、行財政運営のあり方など様々な課題を掘り下げて学び、研究します。大都市における人間社会の理想像についての学際的アプローチ、副専攻の導入、学部の提供する専門科目の履修や大学院進学の奨励、実験・実習・フィールドワークや課題解決・提案型演習の重視と多彩なインターンシップなどを通して実践的かつ多角的な判断能力や構想・提案力を養っていきます。都市環境の向上を追求したいという意欲をもつ皆さんが好奇心ならびに探究心をもって学び、実社会に巣立っていって欲しいと思っています。
人、地球、環境の相互関係を、地理情報システムや野外調査で解明します。

コンセプト

 人間を取り巻く地形や気候、植生などの自然環境や、地域の文化・社会・経済の特徴などから地球の環境を多岐にわたって調査・分析・研究し、私たち人間との関係や課題について考察します。フィールドワークを重視しており、地球や地域の歴史と未来を、自らの五感を使って学べるワクワク感あふれる学科です。

 研究室は、地形・地質環境、気候・水文環境、地域環境の3つの分野に、「地形・地質学」「気候学」「地理情報学」「環境地理学」「都市・人文地理学」の5つを設置、さらに専門を深めたい人は、大学院への進学も可能です。また、近年、ニーズが高まっている地理情報システム(GIS)も積極的に活用、地理空間情報を分析するためのスキルの向上にも特に力を入れるなど、さまざまなタイプの地理学を基礎からしっかり学べる日本で唯一の学科といえます。
自然や環境と共生し、安全で豊かな社会基盤を創造する市民のための工学です。

コンセプト

 人口減少・超高齢化社会を見据え、活力のある国土・都市基盤の再構築や、都市基盤施設の老朽化に備えた効率的な維持管理の実施が求められています。また、地球環境の破壊が叫ばれる今、単に建造物を建てるのではなく、自然や環境と共生するインフラの整備が必要です。さらに、災害大国である日本では、地震・津波・台風などの自然災害に対する都市基盤を構築しなければなりません。都市基盤環境学科では、こうした未来を担う専門家を育てるために、「社会基盤分野」「環境システム分野」「安全防災分野」の3コースで総合的な視野と素養を備えた人材育成をめざします。また、国際共同研究や東京都の土木技術支援・人材育成センターとの連携大学院協定、都庁インターンシップなどを通じて、「都市の基盤整備と維持管理」「環境の保全と創造」「自然災害の軽減」を、実感をもって学ぶことができるのも東京都立大学ならではの特徴です。

・社会基盤分野
 長大・超長大橋や新素材橋梁など土木構造物の開発、社会基盤の効率的な維持管理、都市と交通の計画、設計、制御、都市・地域への経済効果、公共投資の財政マネジメントなどについて学びます。

・環境システム分野
 都市の上下水道、環境システム解析、環境影響評価、水環境の保全、自然と人間の共生技術、健全な水循環系の構築、流体解析、流域および海域の自然現象把握と災害予防、資源リサイクルの促進などについて学びます。

・安全防災分野
 地震・台風・火山活動などの自然災害の現象解明、リスク評価、安全・防災システムの構築、地上ならびに地下構造物の合理的設計・施工技術の確立、耐久性能向上ならびに維持・管理技術の開発、被害予測と対策分析のための防災情報システムの構築などを学びます。
安全・快適な都市環境の実現・改善に、建築学と都市的視点からアプローチします。

コンセプト

 人々が生活し、経済活動に従事している都市空間は、建築の集合体であると同時に、安全・快適で美しいものであることはもちろん、自然や環境、歴史や文化などと共生して創り出されなければなりません。

 建築学科では、単体としての建築物だけでなく、都市空間を含めた都市環境全体について考え、多彩な教員により、建築や都市が抱える課題を解決するための独自の教育を展開しています。一般の建築学だけでなく、都市に関する理論や技術も多面的に学び、さらにそれを活用する人間と社会との関わりも総合的に理解し評価できる知識と思考能力を養成します。特に、大都市東京が抱える大きな課題として、既存の建築資産を活用した都市づくりにも積極的に取り組み、その建築ストックを活かすための総合的な技術開発は、国際的にも高い評価を得ています。これは、学科全体の中核的なテーマとして位置づけられており、これからの授業や研究に、その最新の成果が活かされていくことも特色のひとつです。
対話型・問題発見解決型の教育で、環境と豊かに調和した応用化学を研究します。

コンセプト

 基礎研究によって人類の知識を豊かにすることは、私たちの重要な使命のひとつです。しかし、それを生活に役立てることができれば、その知識はより意義深いものとなります。環境応用化学科では、基礎化学を中心としながらも、工学としての化学に軸足を置く応用化学、材料化学に関する教育と研究を行っています。特に、地球環境と共生しながら、有限な地球資源やエネルギーのもとで人類や都市社会が持続的に発展していくために必要となる化学を指向し、それに貢献できる資質をもった人材を育成することを目的としています。また、国際化に対応できるように入学時から化学英語を学び、自らの考えを英語で発信できる能力を養う教育も行っています。研究面では10を超える研究グループが、環境、エネルギー、材料などを包含した広大な応用分野を対象に世界トップレベルの研究を行っており、研究室で体験する卒業研究が、皆さんを真のグローバル化に対応できる研究者、技術者へと育てていきます。実社会ではより高度な専門性が必要となるため、大学院への進学を奨励しており、最短3年間で博士前期・後期課程を履修できる制度等を導入、国際社会でのリーダーをめざす大学院カリキュラムも用意しています。
発見と保全と改善で、地域の魅力や価値を発信できる人材を育成します。

コンセプト

 本学科では、工学や理学といった理系分野をベースに、「観光を科学する」ことを目標としています。観光の基盤となる地域の環境や文化の保全や資源の適正利用を進め、観光を活用して地域の魅力や価値の向上、地域経済の向上といった地域づくりを進めるための教育、研究をめざしています。

・自然環境マネジメント領域
 自然環境を利用する観光現象における人・生物・物理環境を対象に、農林水産業、地域参画、環境教育、環境保全に関する活動における、生態系の保全と開発のバランスの最適解を見出すことで、持続的な自然環境の利用とその管理に貢献することをめざします。

・地域計画・マネジメント領域
 生活や生業の場である都市や集落地域の空間や建造物と、そこで生まれる有形・無形の文化を観光資源として活用する観光や、その観光を通して地域環境の改善や魅力向上のための実践的な計画・実現手法を探求します。

・行動・経営科学領域
 観光者、観光関連企業・組織やその従業員など、観光に関わる様々なアクターの心理や行動を科学的に研究し、観光関連企業・組織が観光者の顕在・潜在的ニーズに合ったサービスと情報を提供するための方法を確立します。
都市に関する政策科学を学ぶ新しい学科が誕生します。

コンセプト

 東京を含めた日本の都市は、環境の維持・向上、高齢化・健康・福祉、産業の発展、防災・復興、多様な人々の共生など複雑な都市課題を創造的に解決していかなければなりません。そのためには、グローバルな視点を持ち、あるべき都市社会の姿、都市空間の姿を的確に描き、それを制度として立案し、人々とともに実現していくという、都市づくりの“プランニング力”が必要となります。

 この都市づくりの“プランニング力”は、社会学、法学、政治学、行政学、経済学、都市工学、建築学などの諸分野の幅広い知識・方法論・技術が必要となります。また、実際に制度を動かしていくためには、教室や教科書から得られる知識だけではなく、現場を知ることや体験から得られる知識も必要となります。

 新しく設置する都市政策科学科では、都市問題を理論的・実践的に解決する教育・研究を少人数教育で実現していきます。特に、公共的な立場から都市に関する政策科学に取り組む人材を育てるという従来の都市政策コース、都市システム科学域の2つの組織の特徴の良い面を引き継ぎながら、さまざまな授業、現場体験型授業、少人数のワークショップ、卒業研究などを通じて“都市に関する政策科学”を提供・実践していきます。