経済経営学部

人間の行動、社会・ビジネスの発展の源泉を的確に捉える力を伸ばします。

 ある目的を持って人が集まれば社会は形成されます。しかし、それだけでは社会は機能しません。自由に動く人々がその社会の目的に向けて役立つように活動するための最小限のルールとは何か、またそこで自分はどのように行動すべきか。このような問題について経済的価値と時間的価値の観点から考える学問が経済学や経営学です。

 皆さんが日常生活で使っている商品やサービスは、皆さんにとって「必要なモノ」や「便利なモノ」であったりするでしょう。その「モノ」は、企業や政府が産み出しています。そのためには、原材料として仕入れる「モノ」、商品・サービスを効率的に企画・製造・販売する「ヒト」、そしてその活動を支える「カネ」が必要です。

 経済学・経営学は、これら「ヒト・モノ・カネ」にまつわる人間の行動や社会・ビジネスの発展の源泉を考えます。ロジカルに考える一方で、その本質には極めて人間らしさを垣間見ることができ、自由な発想と論理的な思考力を伸ばすことに適しています。今、このような経済学や経営学を理解して組織を動かすリーダーが求められており、私たちはそのようなリーダーの養成に努めます。意欲ある学生が集うことを期待しています。
経済現象の実態、法則の解明で、経営や行政に指針を与えます。

コンセプト

 経済学は、市場のメカニズムが経済活動においてどのような役割を果たすかを分析・解明する学問であり、その面白さは、現代社会に大きな影響をもつ経済現象の実態や背景にある法則を把握しながら経済の動きを予測し、経営や行政に指針を与えるところにあります。

 経済学コースでは、現代社会に大きな影響をもつ様々な経済現象を「市場の役割」を中心に解明し、分析する能力を身につけることを目標にしています。消費者と企業の合理的な意思決定に基づく、財・サービスの需要と供給の均衡を考察することにより、市場の存在意義と役割が明らかになります。世界および日本の経済についての幅広い知識やそのメカニズムを理解・修得し、社会・経済の様々な問題を解決するための能力を培うことで、将来のあるべき政策や将来像を立案し国・自治体、民間企業に適切な指針を与えるリーダーとして、あるいは深く経済学を探究する研究者として活躍する人材を養成します。

 こうしたミクロ・マクロ両面の経済学的な観点から物事を整理し分析する能力を培うよう、経済活動の本質についての理解を深める内容の講義を重視しています。その上で、専任教員にはそれぞれの分野の第一線の研究者を配し、少人数教育による徹底した専門教育を実現しています。
企業をはじめとした組織の役割・戦略を科学的に研究・考察していきます。

コンセプト

 経営学は、現代の産業社会の基礎的構成要素である企業を対象として、企業組織や産業社会の構造やその行動のメカニズムを明らかにする学問です。

 経営学コースでは、社会を動かす大きな組織である企業やビジネスが、どのように成り立ち、いかにして行動するかを理解し、分析する能力を身につけることを目標にしています。企業の戦略、組織および経営計画を理解し、その分析技術・理論を学ぶことは、企業が社会の中で大きな役割を果たす現代社会において、皆さんが活躍するための必要不可欠な能力を磨くことになります。社会経済および企業、ビジネスについての幅広い知識を教授研究し、様々な問題解決能力を培い、将来は企業を動かしていくリーダーとして、あるいは深く経営学を探究する研究者として活躍していく人材を養成します。

 このような観点から、企業やビジネスについての理解を深める内容の講義を重視しています。その上で、専任教員にはそれぞれの分野の第一線の研究者を配し、少人数教育による徹底した専門教育を実現しています。