モバっちょ


音楽教育専攻の学生らが柏原市から表彰
 音楽教育専攻の学生らが柏原市から表彰楽教育専攻の学生らによる合唱グループ「コーラスセッション」と,指導する音楽教育講座の寺尾正特任教授が,柏原市から表彰されました。

 コーラスセッションは2004年,寺尾特任教授の合唱の授業を受講する学生を中心に結成されました。以来,同市内の学校や市民病院などで音楽鑑賞会を開いているほか,同市が実施するイベントなどにも多数出演しています。こうした長年にわたる活動が認められ,今回,同市の市制60周年記念表彰を受賞しました。

 グループの副会長を務める大学院音楽教育専攻2回生の大坪咲樹子さんは,「どの演奏活動でも,皆さんから温かい拍手と笑顔をいただき,人と人をつなぐ歌の力を実感します。これからも自分たちのできることで,地域の方々との関係を深めていきたい」と話しました。寺尾特任教授は,「柏原市とのお付き合いも長くなり,さまざまな取り組みを一緒にやってきました。今後も音楽を届けるだけでなく,共に歌い,音楽を作る者として,地域の方々と心を通わせられる事業を作っていきたい」と抱負を述べました。