モバっちょ


オックスフォード大学生命倫理学教授Dominic Wilkinson先生講演会「ゲノム編集の倫理学〜深刻な遺伝的疾患を避けるための選択肢」
 今やゲノム編集は遠い未来の話ではなく、現実的な選択肢の一つとなりつつあります。ゲノム編集は、子どもの深刻な遺伝的疾患を避けるための選択肢となる見込みがある一方で、倫理的問題を抱えています。私たちはゲノム編集をどのような条件で認めることができるでしょうか。それは何によって決まるのでしょうか。問題は科学技術だけではなく、私たちの根本的な倫理観であり、哲学です。

 本講演会では、オックスフォード大学教授ドミニク・ウィルキンソン先生をお招きして、近年生命倫理において話題となっている非同一性問題という哲学的観点を踏まえて、ゲノム編集の倫理についてご教授いただきます。

 ゲノム編集の倫理をめぐる第一線の議論を聞きに来てください。

■対象
一般向け、高校生向け、在学生・教職員向け、その他

■開催日時
2020.02.29(土)13:30〜2020.02.29(土)17:00

■開催場所
伊都キャンパス

■会場名
九州大学 IMI オーディトリアム

■会場の住所
福岡市西区元岡744
九州大学伊都キャンパスウエスト1号館C棟413号

■定員
先着 80名

■参加費
無料

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/events/view/824 (外部サイトへ移動します)