モバっちょ


ILC推進国際シンポジウム ピーター・ヒッグス氏が語る「ヒッグス粒子とILC」
 ILC推進国際シンポジウム ピーター・ヒッグス博士が語る「ヒッグス粒子とILC」の開催に伴い、本学においてもサテライト会場を設け、共催する運びとなりました。

 本シンポジウムのテーマである「国際リニアコライダー(ILC)」は次世代の素粒子加速器計画です。現在計画の議論が行われておりますが、ILCが日本に建設されることになれば、日本が素粒子物理学をリードする存在となり、長期的には、科学の進歩に貢献する国家として日本の科学技術全体の発展に役立つでしょう。

 今回講演するのは、2012年に欧州合同原子核研究機構(CERN)の大型ハドロンコライダー(LHC)で発見された「ヒッグス粒子」の存在を予言し、2013年ノーベル物理学賞を受賞されたピーター・ヒッグス博士です。また2008年ノーベル物理学賞の小林誠博士、駒宮幸男前東京大学素粒子国際センター長・早稲田大学教授、村山斉カリフォルニア大学バークレー校教授にも参加頂き、ヒッグス粒子の重要性や日本でのILC計画実現に向けた展望や国際プロジェクトとしての重要性を論じて頂きます。

 皆様方のご参加をお待ちしております。

■対象
一般向け、高校生向け、在学生・教職員向け、その他

■開催日時
2020.02.08(土)15:30〜2020.02.08(土)18:00

■開催場所
伊都キャンパス

■会場名
ウエスト1号館 物理学科講義室 B211

■会場の住所
福岡市西区元岡744

■定員
先着 100名

■参加費
無料

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/events/view/805 (外部サイトへ移動します)