モバっちょ


授業料免除制度および申請資格について
 下記の申請資格者を対象として学生からの申請に基づき選考の上、学期(前期又は後期)ごとに納期分の授業料を免除するものです。免除額は納期分の授業料の全額、半額、4分の1の額となります。
全額免除となる場合は、極めて困窮度が高い場合に限ります。

◆授業料免除の申請資格者◆
@経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
A授業料の納付開始前6月(新入生は入学前1年)以内 注1)において学生の学資負担者が死亡又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難であると認められる者
注1)「納付開始前6月以内」とは、前期分申請は前年10月1日から当該年3月31日までの期間、後期分申請は当該年4月1日から9月30日までの期間です。

授業料免除については、申請資格者の内、日本人学部学生であって住民税非課税世帯に該当する方、又は、日本学生支援機構の給付型奨学金の受給者は全額免除の措置が行われる可能性があります。

入学料免除及び授業料免除については、熊本地震、東日本大震災、平成30年7月豪雨、平成30年北海道胆振東部地震の被災者は申請が可能の場合があります。事前に担当係あてお問い合わせください。

≪標準修業年限を超えている者について≫
 「休学、病気、留学等の特別な理由」がなく、留年・標準修業年限を超えている者は、申請資格がありません。

 特別な理由がある場合は、「留年・修業年限超過者特別事由書」を別途提出し、それに基づいて所属学部・学府の審査を受ける必要があり、申請しても免除の対象とならないことがあります。

 年限を超えている者で、申請を希望する場合は願書登録前に担当係へお問い合わせください。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/education/fees/exempt01/ (外部サイトへ移動します)