モバっちょ


医学部医学科4年生が第23回日本がん免疫学会総会にて若手研究奨励賞を受賞しました。
 2019年8月に高知市文化プラザかるぽーとで開催された、第23回日本がん免疫学会総会において、本学医学部医学科4年生 山本快亮さん(先端医療学コース:ペプチドワクチン研究班)が筆頭演者として行った発表「Cross-presentation by ECs augments anti-tumor responses in targeting a natural tumor antigen in prostate cancer(血管内皮細胞による腫瘍抗原のクロスプレゼンテーションが、前立腺がんに対する抗腫瘍活性を高める)」が、若手研究奨励賞に選ばれました。

 本大会では、若手研究奨励賞対象演題は40題あり、口頭およびポスター発表が行われました。演者のほとんどが大学院生またはポストドクターの研究者であり、その中でも山本さんは質の高い口頭およびポスター発表を行い、受賞に至りました。発表では、担癌マウスモデルを用いて、殺細胞性がん療法に加えて血管内皮細胞の抗原提示能力を促進すると、がん免疫療法の効果を高めることができることを示しました。免疫チェックポイント阻害剤と将来併用も可能である、新たな原理に基づいたがん免疫療法として期待されます。