モバっちょ


創製薬科学科
【創製薬科学科(男性)】
・科学の結晶たる薬学
 小さい頃、体が弱かった私はよく苦い粉薬を飲んでは、涙目になっていたものでした。

 「お薬なんて飲みたくない!」と思いつつも、好奇心旺盛な当時の私は「どうしてお薬飲むと元気になるんだろう?」と子供ながらに不思議に感じていました。やがて化学や生物学に興味を持ち始め、将来何を学ぼうかと考えたときにふと頭に浮かんだのが薬学でした。医療について薬という化学物質からアプローチする学問。モノであるがゆえに、その理解や研究開発のためには有機化学、物理化学、生物化学といった多面的な科学的視野を必要とします。そうした科学の枠を集めて緻密に組み上げられた芸術ともいえる薬の創製に携わりたいとの思いから徳島大学薬学部創製薬科学科へと進学しました。

 本学科では1年次から3年前期までに薬学の基盤たる知識を学び、その後は配属された研究室で専門性を磨くとともに、テーマを持って研究へと取り組みます。実験の結果に一喜一憂しながらも、先生方からは熱心にご指導いただき、研究室のメンバーと和気あいあいとしつつ切磋琢磨することで充実した日々を過ごすことができています。

 大学では自分が学びたいと思う分野に関する専門的な勉強ができますし、各地から学生が集まることから人間関係の和も大きく広がります。これらはこの先の人生においてみなさんの大きな財産になると思います。充実したこの環境で、ともに研究に打ち込めることを楽しみにしています。