モバっちょ


応用理数コース
【総合科学部 総合理数学科 数理科学コース(女性)】(学生の記事・所属名は改組前のものです。)
・ものごとを捉える更なる能力を数学ではぐくむ
 私の所属している数理科学コースでは、代数学・幾何学・解析学に代表される数字はもちろんのこと、統計学・計算機科学・データベース・プログラミングなどの情報科学分野も学ぶことができます。

 私は高校時代、数字が得意だったので大学で数学を専門に学ぶことにし数理科学コースに入りました。大学に入った当初は、大学で学ぶ数学と高校までの数学の違いに驚き、大学の数学に慣れるまでに、相当の努力と時間が必要でした。簡単に違いをいうと、答を求めることが高校までの数学とすると、大学の数学は答を求めるための道具立ての理論体系そのものも学ぶ対象ととする数学です。このギャップに私を含め多くの学生は苦労していますが、先生方が分かり易く丁寧に何度でも(同じ)質問に答えて下さりサポートしてくれます。私自身まだ勉強不足なところもありますが、数学を理解するにつれて、科学技術の記述言語や道具として数学は欠かせないものであると認識できますし、実用や応用から離れた数学自体にも、数学独特の神秘さがあり感動や楽しみがある、すごく魅力的な学問だと思います。

 大学生活で身につけるべき能力は、「ものごとの捉え方」であるとよく言われます。既知・未知を問わず、様々な対象を、自分の力と自分の言葉で、観察・整理・体系化・抽象化・評価する能力です。「ものを捉える能力」を鍛える場として、数学以上に良い分野はないと思います。今後、数学を専門としないような職に就こうとも重要となる能力です。私は現在、公務員を目指して勉強していますが、周りには数学の教師を目指す学生や、様々な分野への就職を目指す学生もいます。それぞれが違った目標を持っているので新たに発見することも多く互いに刺激し合い成長することができます。

 問題を解くことが好き、論理構成に惹かれる、数学をさらに深く学びたい人、数学・情報の教師など数学・情報の知識や思考形式が役立つ職業に就きたい人にとって数理科学コースは最適な場所です。数学・情報の分野に興味のある人、ぜひ私たちと一緒に学びましょう!
【総合科学部 総合理数学科 物質総合コース(男性)】(学生の記事・所属名は改組前のものです。)
・多角的な視野で社会的課題に取り組むゼネラリストになる
 1つの自然現象を理解するためには、物理学・化学・地球科学といった複数分野の知識が必要となってきます。総合理数学科・物質総合コースでは、1・2年時に如何なる自然科学を扱うにも必要な基盤的教養を身に付けることができ、また3年時の研究室配属の際により専門的に扱う学問分野を選択できます。いわば理学部より選択肢の多い学科といえるでしょう。

 私が、徳島大学総合科学部に入学した理由は、文理問わずに多分野を学ぶことができるからです。自分のやる気次第で新たな分野へ挑戦できる環境が総合科学部には整っています。具体的な例を挙げますと、本学部では他学科を交え、多角的な視野から一つの課題を見つめる「総合科学テーマ科目」という授業が開講されています。自分の専門とする自然科学分野に凝り固まらず、国際関係や地域創生について文理双方の意見を聞くことができるこのような授業は、社会的課題の複雑さを実感するとともに、考える力を養うことにも繋がります。

 選択肢の多い本学部では、自分次第で身につけられるものが変わってきます。本学部で、目的意識・一貫性を養い、自立心のある魅力的な人間になれるよう共に努力しましょう。