モバっちょ


情報光システムコース
【工学部知能情報工学科(男性)】(学生の記事・所属名は改組前のものです。)
・未来の流れを創るデジタルテクノロジー
 知能情報工学科では、コンピューターやプログラミングによる情報技術を身につけることができます。難しいイメージがあるかもしれませんが、基礎からしっかり学ぶことができるので、初心者の方でも大丈夫です。

 カリキュラムですが、1年次はプログラミングの基礎を学びます。ここでしっかり基礎を作れるので、その後の実習や研究で大いに役立ちます。2年次では、これらを用いてゲーム作成を行います。3年次では、さらにハードウェアを学んだうえで、自律走行型ロボットを製作します。4年次では、それまでの知識や技術を用いて研究を行います。

 様々な情報によって私たちの生活は形成されており、情報技術は無くてはならないものになっています。情報技術は現在も進化を続けており、今後も驚くような技術が開発されるでしょう。皆さんも知能情報工学科で勉強して、周りの人をびっくりさせるようなものを作ってみませんか?
【工学部 光応用工学科(女性)】(学生の記事・所属名は改組前のものです。)
・「光のプロフェッショナル」になれる光応用工学科
 光応用工学科は名前の通り「光を応用」した研究をする全国的にも少ない学科です。

 本学科では、3年生までは講義、演習、実験、4年生からはそれぞれの研究室に配属され、幅広い技術を身に着けることができます。

 光学材料、光素子、光情報システム、画像処理、3Dディスプレイなどの様々な研究が行われているので、その中から自分にあった研究ができると思います。

 本学科を卒業した学生は、約60%が大学院に進学し、約40%就職しています。就職先は、様々な企業で幅広い分野にわたっています。

 工学部だからと言って、女性が入りづらいイメージがあるかもしれませんが、現在活躍している女性もたくさんいるので全く心配する必要はありません。

 大学は、勉学だけではなく、部活動、サークル活動、ボランティア活動などを通して、たくさんの人と出会い、いろいろな経験を積んで自分を磨いていくことが出来る場所だと思います。私の場合はラクロス部に所属し、多くの友人にも恵まれ、充実した生活を送ることが出来ています、部活動と勉学の両立が大変な時期もありましたが、その経験をバネにして今は研究に励んでいます。

 少しでも興味をお持ちになった方は、ぜひ本学科への入学を考えてみて下さい。