モバっちょ


応用化学システムコース
【工学部 化学応用工学科(女性)】(学生の記事・所属名は改組前のものです。)
・化学の面白さを伝えよう〜無限の可能性を信じて〜
 化学といえば、白衣を着た人が試験管などを用いて試薬を混ぜ合わせて色を変化させたり、炎色反応を起こしたりして研究している風景が想像できると思います。大学ではそのような反応がなぜ起こるのかを物理的な面または微視的な面から理解するための基礎知識を学ぶことができます。化学応用工学科では、有機化学や無機化学、化学工学など様々な分野があり幅広く学ぶことができます。

 私がこの大学に進学した理由は、幅広い分野がたくさんあるので自分の化学に対する興味が広がり、友達や家族に化学の面白さを伝えたいと思ったのがきっかけでした。1年から2年にかけては化学の基礎的な勉強が多く少し退屈かもしれませんが、3年になると学生実験も始まり化学についてどんどん興味がわいてきます。4年生になると研究室に配属され学生生活も一転して忙しくなりますが、3年間で1番興味を持った分野についての研究にどっぷりのめり込むことができ、また化学の専門知識を持った大学院生の先輩や先生との関わりも増え、今までとは全く違う新しい環境での生活がスタートし、より充実した日々を過ごすことができます。研究室では研究ばかりしているイメージが強いですが、イベントもたくさんあり本当に大学生活を満喫できると思います。

 また私は1年からサークル活動やアルバイトも行っており、学部内だけでなくいろいろな人たちとのつながりを持つことは大学生活で1番大事なことだと思います。

 皆さんも本学で学生生活を送り、夢を追いながら人生を豊かなものにしていきましょう。