文学部

 文学部では、人間がつくり上げてきた文化に対する好奇心を高め、多様な角度から人間存在の深みに光をあてる教育研究を行っています。各自の好奇心を学問的に問題化し検証する訓練を積むことで、人文学の幅広い知識と深い洞察力を身につけた人を育成することを目標にしています。そのために、次のような学生を求めています。

文学部の求める学生像

1.みずみずしい感受性と想像力を持っている学生
〔求める要素:思考力・判断力・表現力,関心・意欲〕

2.言葉や文化、人間の行動、歴史や社会に対する幅広い関心と好奇心を持っている学生
〔求める要素:知識・技能,思考力・判断力・表現力,関心・意欲〕

3.基礎学力、とりわけ論理的思考力、日本語および外国語の読解力・表現力、情報リテラシーをそなえている学生
〔求める要素:知識・技能,思考力・判断力・表現力〕

4.既成の価値観にとらわれることなく、自分で問題を発見し、探求していくことができる学生
〔求める要素:思考力・判断力・表現力,主体性・協働性,関心・意欲〕

※高等学校等で修得しておいてもらいたい内容
「国語」:文章を読み解く力,的確に表現する力。
「地歴・公民」:幅広い視野と総合的な知識,様々な社会現象を分析し捉える力。
「数学」:数学的に思考し,表現する力。
「理科」:自然を科学的に理解する力。
「英語」:外国語の読解力と表現力,外国語によるコミュニケーション能力。

入学者選抜の基本方針

 以上のような学生を選抜するために、文学部のディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを踏まえ、以下の選抜を実施し下記の要素を測ります。

・一般選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を測ります。

・「志」特別選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」「関心・意欲」を測ります。

・私費外国人(留)学生特別選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」「関心・意欲」を測ります。

・第3年次編入学試験では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」「関心・ 意欲」を測ります。