モバっちょ


医学部保健学科
 医学部保健学科は、「真摯・自由・協同」の精神の下、高い倫理観と科学的視点を持ち、高度な専門的知識・技能を身につけた医療人を養成するために、保健医療・健康科学に関する卓越した教育を提供することを基本理念としています。また、旺盛な探究心と創造性を身につけ、将来、それぞれの専門領域における指導者として、国際的に活躍できる人材の育成を目標としています。このため次のような学生を求めています。

【医学部・保健学科の求める学生像】
1.明確な目的意識と旺盛な学習意欲を持った学生

2.ひとに対する深い思いやりと協調性、優れたコミュニケーション能力を持った学生

3.自ら問題を発見し、解決にあたることができる学生

4.保健医療・健康科学を学ぶために必要な自然科学および社会科学の基礎知識と日本語・外国語の基礎学力を備えた学生

 以上のような学生を選抜するために、医学部保健学科では、大学入試センター試験により総合的な基礎学力を測り、個別学力検査では「数学」「理科」「外国語」(後期日程にあっては、「外国語」「面接」)を課すことにより、自然科学分野における幅広い教養と深い知識とともに、理解力、読解力、語学力、倫理観、協調性等を測ります。