モバっちょ


法学部
 法学部では、幅広い教養と法学・政治学的素養とを備え、高度に専門化した社会における要請に対応し得る問題解決能力を身につけた人材及び急激に進展しつつある国際的環境のなかで法的・政治的な領域における国際的な貢献を行う能力を有する人材の育成を目標として、次のような学生を求めています。

【法学部の求める学生像】
1.社会科学特有の一般的教養・知識を有し、その上で特に、日本語文章の読解・表現、外国語の理解・使用及び理論的・数理的な思考に関する優れた能力を有する学生

2.それらの能力を活用しつつ広く法学・政治学の専門的知識を修得する意欲に富む学生

3.国際的な領域での活躍を希望し、幅広い視野のもとで法学・政治学の専門的知識を積極的に活かそうとする学生

 以上のような学生を選抜するために、法学部では、大学入試センター試験により総合的な基礎学力を測り、個別学力検査では「国語」「外国語」「数学」(後期日程にあっては、「小論文」)を課すことにより、理解力、読解力、語学力とともに、課題解決能力、論理的思考力、表現能力等を測ります。