モバっちょ


ヨーロッパ学科フランス語圏専攻・白谷望講師によるモロッコにおける「アラブの春」の影響についての解説が、朝日新聞「GLOBE+」の記事に掲載されています。
●ヨーロッパ学科フランス語圏専攻・白谷望講師
朝日新聞ウェブメディア「GLOBE+」『「アラブの春」でも王国は残った その安定の背後にある「越えられない一線」』(1月21日付)

 ヨーロッパ学科フランス語圏専攻・白谷望講師が朝日新聞「GLOBE+」で「アラブの春」がモロッコに与えた影響について解説されました。国王の政治的権限の縮小や憲法改正など、政治的な流れについて掲載されています。