モバっちょ


愛知県立看護大学の沿革
 一方、愛知県立看護大学は、1968年(昭和43年)に設置された愛知県立看護短期大学に遡ります。1989(平成元)年に愛知県下27の看護婦養成機関の長より出された大学設置の請願が県議会で採択され、これを受けて「看護大学設置検討会(後に看護大学整備推進会議)」が発足し、1995(平成7)年に4年制の大学として開学するに至りました。 開学以来の看護大学は、人間性を尊重した看護教育、人々の暮らしと地域を守る看護職者の育成をモットーに、また科学的思考と科学的問題解決能力の育成を教育目標に、多くの看護人材を養成してきました。さらに、1999(平成11)年には大学院看護学研究科看護学専攻修士課程、2003(平成15)年には助産師課程を設置し、また2007(平成19)年に大学院修士課程に高度専門職コース、2008(平成20)年には看護実践センターに認定看護師教育課程(がん化学療法看護、がん性疼痛看護)を設置して看護実践の高度化・専門化にも対応しながら、今日に至ります。