モバっちょ


学部の特徴
◆幅広い分野の学び
 総合政策学部は、社会が抱える諸問題をさまざまな価値観から多面的に捉えることを重視しています。そのため、自然科学(理工学)と社会・人文科学の幅広い分野を学べるカリキュラムを組んでいます。1・2年次では幅広い分野の基礎的な学問を学びます。これにより、入学時に何を専門として学ぶかを決めかねている人でも、この期間内で絞り込んでいくことができます。

◆専門を絞り込み、深く掘り下げるカリキュラム
 2年次後半からは自分の専門領域を絞り込み、行政・経営コース、環境・地域コースのいずれかで学びます。行政・経営コースは国や地方自治体、企業などが抱える諸問題を法学・政治学・経済学などの視点で分析・検討するコースです。環境・地域コースは、環境問題や地域づくりを理学・工学・農学・社会学などの視点で多面的に捉えるコースです。

◆「グローカルな視点」と「現場から学ぶ実践」が柱
 現在は、ローカルなところに根ざし、グローバル社会を視野に入れた思考と行動が求められています。本学部では「グローバル」で「ローカル」、すなわち「グローカル」な視点で政策を考え、経済活動を捉え、社会・環境の諸問題に対処する教育を重視しています。さらに「現場に学び、現場から学ぶ」をモットーに、社会の現象や問題点と向き合い、学んだことを駆使して問題の分析・解明を試みます。
岩手県立大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る