モバっちょ


大学の沿革
 横浜市立大学の歴史は古く、昭和3(1928)年に設立した横浜市立横浜商業専門学校(Y専)まで遡ります。その後、昭和19(1944)年設立の横浜市立医学専門学校、後の横浜医科大学と統合し、横浜市立大学としてその歴史と伝統を育んできました。

 明治の早い時期に商業学校が設立されたのは、横浜が当時の日本における第一の貿易港であり、国際商業都市であったことによります。

 その後、1949(昭和24)年に新制大学として発足。以来、開国・開港の地、横浜にふさわしく、開放的で国際性、進取性に富む学風は、横浜市立大学の伝統として今も受け継がれ、実践力のある数多くの優れた人材を輩出しています。
 明治/大正/昭和
 平成