モバっちょ


大学の地域貢献度調査2019 信州大学は総合1位!
 日本経済新聞社が国公私立全国755大学(回答 548大学)を対象に2018年度の調査を行った「大学の地域貢献度調査2019」が2019年10月発表となり、おかげさまで信州大学は総合1位(※1)の評価をいただきました。

 調査のカテゴリーは5つ。地域貢献推進のための「組織・制度」、公開講座や地域イベント、学生の地元就職、社会人学びなおしプログラム等の「学生・住民」、自治体や企業との共同研究、大学発ベンチャー数などの「企業・行政」、留学生や外国人教員数、留学生の国内就職等をみる「グローカル」に、ポスドク対策や女性教職員のワークライフバランスなど、事業所としての地域貢献をみる「働く場としての大学」が新設となり、38項目の設問で構成された調査となっています。

 また、設問にはSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みなど、グローカル面で時事的な社会課題を反映した項目も新設されています。

 毎回この調査ではトップランクに位置している信州大学ですが、この評価を機に、さらに地域貢献の活動を推進していきたいと思います。
(※1)出典:大学の地域貢献度に関する全国調査2019(日本経済新聞社)

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.shinshu-u.ac.jp/topics/2019/11/2019-1-1.html (外部サイトへ移動します)
信州大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る