モバっちょ


工学部機械システム工学科山崎公俊准教授が国際学会 International Conference on Machine Vision Applications2019において Most Influential Paper over the Decade Award を受賞
 2019年5月27日〜31日、東京において国際学会International Conference on Machine Vision Applications2019が開催され、工学部機械システム工学科山崎公俊准教授がMost Influential Paper over the Decade Award を受賞しました。

 本賞は、10年前のIAPR International Conference on Machine Vision Applications 2009(MVA2009)で発表され、マシンビジョン技術に大きな影響を与えた論文を表彰するものです。今回、“A Cloth Detection Method Based on Image Wrinkle Feature for Daily Assistive Robots”のタイトルで発表していた論文が受賞の対象となりました。
信州大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る