モバっちょ


国際教養学部
◆国際教養学科
既存の価値観にとらわれず自由に、主体的に。広い世界と未来に役立つ、新たな価値を創造する。

 世界の課題を日本の力で解決する。

 文系や理系、今までの学問分野を飛び越えて、もっともっと広い世界を見ながら、わくわくするような未来を創る――

 千葉大学は総合大学としての長い歴史を生かしながら、世界が抱える課題を日本独自の視点で解決する学問の開拓に挑みます。

 国際教養学部では、日本の力を新たな価値あるものとして世界に発信し続けることのできるグローバル人材を育成します。

 既存の価値観にとらわれず自由に、そして主体的に物事に取り組む「個」の力を育てることが、世界に求められた使命であると千葉大学は考えます。

「国際」+「日本」+「科学」文理混合による新たな学問の大海原への挑戦。

 現代社会が直面する複雑な問題に対応するには、俯瞰的な視野を持ち、さまざまな学問分野を横断しながら幅広い知識やアイデアを駆使して解決していく必要があります。

 文系と理系が一緒になった国際教養学部では、「国際」+「日本」+「科学」をバランスよく混合(ブレンド)することで、グローバルイシュー(世界が抱える課題)について、日本の文化・技術を用いて独自の視点から解決する能力を身につけていきます。