モバっちょ


大学の概要
 千葉大学は、昭和24年5月31日付けで、当時千葉県内にあった千葉医科大学、同大学附属医学専門部及び薬学専門部、千葉師範学校、千葉青年師範学校、東京工業専門学校、千葉農業専門学校の各旧制国立諸学校を包括して、新制の国立総合大学として発足したものです。さらに、平成16年4月1日付けで国立大学法人千葉大学が設立され、千葉大学は同法人により運営されることとなりました。

 新制国立大学として発足した当初の千葉大学は、5学部(学芸学部、工芸学部、園芸学部、医学部、薬学部)と1研究所(腐敗研究所)及び附属図書館からなっていましたが、昭和30年4月には大学院が設置され、その後も何度かの学部・研究科等の拡充改組を重ね、現在は、国際教養学部、文学部、法政経学部、教育学部、理学部、工学部、園芸学部、医学部、薬学部、看護学部の10学部、附属図書館、医学部附属病院、各センター等及び大学院に置かれる人文公共学府、専門法務研究科、教育学研究科、融合理工学府、園芸学研究科、医学薬学府、看護学研究科、人文科学研究院、社会科学研究院、理学研究院、工学研究院、医学研究院、薬学研究院により構成されるに至っています。なお、平成8年度より東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(東京学芸大学、埼玉大学、千葉大学、横浜国立大学)に、平成24年度より大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科に参画しています。

 また、教育学部に附属して幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校が置かれています。

 2017年現在、国立大学法人千葉大学の教職員総数は3,456名、また千葉大学の学部学生の入学定員は2,322名、学部学生の収容定員は10,015名です。なお大学院収容定員は2,953名であり、総合大学としての規模、内容とも国立大学の上位にあります。

 国立大学法人千葉大学のキャンパスは、西千葉、亥鼻、松戸、柏の葉の4キャンパスに分かれています。西千葉キャンパスはJR総武線西千葉駅前に位置する千葉市稲毛区弥生町の39万m2に及ぶメインキャンパスであり、ここに大部分の学部その他の施設が集中しています。亥鼻キャンパスは千葉市中央区亥鼻の台地に医学部、薬学部、看護学部及び医学部附属病院等が置かれています。また松戸キャンパスには園芸学部、柏の葉キャンパスには環境健康フィールド科学センター等が置かれています。