モバっちょ


数値シミュレーションの基盤を支える
田中健一郎准教授 ― 数学的理論を基にした高性能な数値計算法の開発
 工学では、技術開発の際、物理法則や現象の数理モデルがしばしば基礎となります。これらを記述する数学的な方程式は一般に複雑で厳密解が書き下せませんが、実用上は解を近似的にでも計算しなくてはなりません。このため様々な分野で数値計算によるシミュレーションが重要となっています。特に近年は、扱うデータ量の増加とコンピューターの能力の増大に伴い、大規模な計算を高速かつ高精度に行う必要性が増しています。

 我々は、このような数値計算のための手法を、数学的理論に基づいて開発・解析しています。このような分野を数値解析といいます。数値解析は、美しい数学的理論があると同時に多くの現実的場面で役に立つため、基礎研究から応用まで様々な切り口の研究が展開できる面白い分野だと思います。