モバっちょ


世界をリードする基礎医学研究
 医学部での基礎医学研究は、神経科学、免疫学、がん、細胞生物学などの研究が盛んであり、また、病気の発症のメカニズムや新しい治療法の確立へと応用可能な基礎研究が精力的に進められています。これらの分野はいずれも国際的に競争の激しい分野ですが、東大医学部の基礎医学は世界のトップレベルにあると言われています。実際、毎年多くの論文がネイチャー、セル、サイエンスを初めとする雑誌に掲載され、また、本学の教員の中にはこうした雑誌の編集者になっている人もいます。