モバっちょ


ようこそ、教育学部へ 教育を通して人々の幸福とよりよい社会の実現をめざします
 教育学部は、人が学び成長し発達する活動を促進する営みについて研究し、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、社会教育機関等が社会や文化の発展に果たす役割や、人々の幸福とよりよい社会を実現する教育のあり方を様々な角度から探究しています。

 教育科学は多様な学問を総合した科学です。教育の成り立ちを理解するためには哲学、倫理学、歴史学、人類学などの知識が必要ですし、教育の機能を認識するためには社会学、経済学などの知識が必要です。学びと発達の過程を知るためには心理学、生理学、脳科学の研究が基礎となりますし、授業や学びのコミュニケーションを理解するためには言語学、社会心理学、情報科学の研究が求められます。また、教育の制度や政策を検討するためには政治学、行政学、法学の知識を活用することになります。教育において派生する病理現象を認識するためには臨床心理学や精神病理学も必要となります。世界の教育の改革動向を探り国際貢献を求めるとすれば、比較教育学や開発教育学の研究が必要です。国語教育、外国語教育、数学教育、科学教育、人文社会教育、身体教育、芸術教育等を研究しようとすると各教科領域の内容について研究する必要があります。

 このように教育科学は、人が学び発達する営みを実践的、制度的、政策的に分析する総合的な研究によって構成されており、どの分野の教育でも、教育を通して人々の幸福とよりよい社会の実現を求めている点では共通しています。教育学部では、基礎教育学、比較教育社会学、教育実践・政策学、教育心理学、身体教育学という5つのコースを設け、各分野の最先端の研究に根ざした、総合的な教育科学の教育をめざしています。生きた人間を対象とする教育科学は、いつも社会と文化の現実を批判的に問い直し、私たち自身の考え方や生き方を吟味しながら学ぶところに最大の魅力があると言ってよいでしょう。

 現代は、これまでのどの時代よりも教育の果たす役割が大きい時代だと考えられます。教育のあり方が子どもたちの将来と日本社会の未来を決定づけるものとなります。私たちは最先端の研究と最高の教育によってこの重大な使命を担い、教育の希望を育んでいます。

 教育学部の卒業生たちは、大学院に進学し研究者になる者、学校の教育現場で教師になる者、新聞社やテレビ局や出版社に就職して教育に関するジャーナリストや編集者になる者、一般企業に就職して社内教育や人事を担う者、教育行政において教育政策の立案に携わる者など、多様な進路を歩んでいます。あなたも教育学部で、子どもたちと日本社会の未来を拓く教育科学を学んでみませんか。私たちは皆さんの入学を心から歓迎します。