モバっちょ


薬を中心に、「物質」、「生命」および「医療」としての側面から、生命科学を対象とした優れた教育・研究を行い、社会に貢献しています
 薬を創るためには、生命のしくみを知り、病気になる原因を明らかにしなければなりません。しかし残念ながら、分子レベルから病態まですべての面において我々の知識は不十分であり、解明していかなければならないことが沢山あります。生化学、分子生物学、細胞生物学、生理化学、発生学、遺伝学、免疫学等の観点から生命現象を解明する必要があります。薬を合成するためには合成化学や反応化学が不可欠ですが、薬学部は歴史的に有機化学を中心に発達してきており、優れた業績を残しています。漢方薬を理解し、それを超えるものを創り出すためには天然物化学が必要ですし、薬の性状や生体との相互作用を分子レベルで解明するには分析化学や物理化学が必須です。薬を体の目的部位に到達させるためには、体内動態を解明し、製剤設計が必要になりますし、薬の生体作用を明らかにするために薬理学や毒性学が欠かせません。このように、基礎的な学問から応用的な学問まで、幅広い研究を集約する必要があります。また、従来の学問体系では分類できないような境界領域の研究も増えています。つまり、薬の創製はまさにこれら最先端科学の集大成といえます。

 東京大学薬学部は、難易度の高く、かつ高い完成度の要求される「医薬品(薬)」について、「物質」、「生命」そして「医療」としての側面を探求する場としての役割を果たしてきました。つまり、薬が創られるまでの基礎研究に重点を置き、その専門家を養成するための教育に力を入れてきました。薬学部は講義も実習もカリキュラムは盛り沢山ですが、薬の専門家を養成するために必要です。さらには、医薬品に関わる経済問題、薬剤師や国民に対する適切な情報提供、薬学と経営学の視点をもったバイオベンチャーの人材育成にも力を入れています。こうした教育・研究を通じて実力を養った卒業生は、大学や研究所、製薬企業、医療行政などの分野で活躍しています。

 2006年度に6年制教育の薬学科が新設されました。病院・薬局での長期実務実習等を通じて、従来以上に問題解決型の薬剤師教育を行います。また、薬科学科では従来にも増して優れた薬の研究者養成に力を入れていきます。しかし、研究者になる場合でも医療に触れる機会を作っていきます。薬学部は人数が少ないため家庭的な雰囲気があり、学生、院生、教員、事務職員が仲間意識を持って、協力し合い、お互い切磋琢磨しています。受験生の期待と夢を裏切らない学部です。